介護の仕事は時代劇鑑賞がおすすめ!

介護の仕事は時代劇鑑賞がおすすめ!

私の親友は介護福祉士です。わずか1年ほどですが、親友のお手伝いで看護助手の仕事をしたことがあります。

私は子供のころから人見知りでしたが、看護助手の仕事をしたおかげで今ではおじいちゃんやおばあちゃんと話をするのが大好きになりました。

 

本当は続けられるなら続けて、親友と同じように介護士の資格も取得したかったのですが腰を痛めてしまい断念しました。

ですが、看護助手の仕事は今でも楽しい思い出です。

 

親友は介護士の勤務状態などを管理しながら、介護士を目指す人を指導したりと大変そうでした。

私は自分で食事ができない人の食事を手伝ったり、着替えを手伝ったり割と軽めの仕事から入りました。

さすがに力を使う仕事は、一人ではできず数人で行いました。

 

最初は緊張して言葉すら出てきませんでしたが、時代劇の話をしたことでたくさんのおじいちゃんやおばあちゃんと話すことができました。

それ以来、時代劇は欠かさず見るようにして、毎日楽しく会話をしながら過ごすように心がけました。

 

おじちゃんやおばあちゃんが楽しそうに笑ってくれると、本当に嬉しくなります。笑顔で接していると、失敗しがちだった着替えや食事も上手にできるようになります。

そして「ありがとう」と言って笑顔で退院していくときはさみしくもありますが、やりがいを感じます。

 

また機会があれば、おじいちゃんやおばあちゃんに接する仕事をしてみたいです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY