実践者研修、リーダー研修を受けてキャリアアップ

実践者研修、リーダー研修を受けてキャリアアップ

介護の仕事は無資格でもOKの職場が多いです。

ただし、グループホームや小規模多機能など小さな事業所だと、何年働いてもほとんどお給料は変わりません。

小さい施設だと狭い人間関係の中で働くことになるので、職場の人間関係で一度こじれると大変です。

無資格で新人で入るのであれば最初は大きい社会福祉法人や医療法人が運営している施設に入ることをおすすめします。

大きい法人だと一定期間勤めると有給を使わずに公休で研修に行かせてくれたり、資格をとる学校に通う時の費用負担をしてくれます。

求人誌の求人欄のところに資格取得支援の有無は待遇面と一緒に掲載されていることが多いのでよくチェックしましょう。
働きながら資格取得を目指すのであれば、介護職員初任者研修が受けやすいです。

一度仕事を辞めて学校にいくのであれば、介護福祉士養成校が資格を取るうえでは最短でとれるでしょう。

資格がとれた後、さらにキャリアアップを目指すのであれば、介護支援専門員の資格をとる方法もあります。

働きながら研修でキャリアアップするのであれば、都道府県がやっている実践者研修、リーダー研修というルートもあります。

その地域の熱心な介護職が集まる研修でもあるので、施設外の人脈ができます。

また、内容がハードな研修なので、この研修を修了していることを履歴書に書くと転職する際にも有利に働きます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY