介護士に転職!何歳まで可能?30,40,50代・・・

介護士に転職!何歳まで可能?30,40,50代・・・

介護士として働くメリットの一つには、断然求人が多いことが挙げられますが、それと共に採用になる年齢の上限も多職種に比べ高いことも、仕事が探しやすい要因になっています。

それだけ幅広い年齢層の介護士が、現場で活躍しているということです。

私が勤務する施設でも、最近増員のために求人募集をしましたが、応募してくる人の年代は様々です。

30代、40代は当たり前、中には50代の人もいますし、正社員として採用されています。
何故かというと、採用する側としては実際の年齢よりどれだけ動けるかの方が大きな問題になるからのようです。
年々要介護者が増え、介護施設もどんどん新しく開設される中、そこで働く介護士の数が十分に確保出来ない状況が多くの現場で見られます。

そのため常に求人があるわけですが、やはり豊富な経験と資格のある介護士は特に歓迎されるのです。

気の抜けない忙しい介護の現場では、仕事に就いてすぐ即戦力になれる、当然そんな人材が望まれるのです。他の職種では採用が難しいと思われる年代でも、介護の仕事ではあまり関係がないようです。

だから50代の転職での正社員採用も可能になるのです。

65歳定年の職場も多い現在ですが、60代といえばまだまだ若く、十分働ける年代。

出来るだけ長くしっかり働きたいと考える人にとって、自分の生活に無理のない形での働き方が出来る介護士としての職場はいい環境だと思います。

介護士本人の加齢による肉体的な不安もありますが、現在、介護の職場は様々です。
負担の少ない職場に変わり、勤務日数や時間数を調整するなどをすれば長く続けることも出来ると思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY