介護士になるために一番いい方法とは?専門学校?働きながら?

介護士になるために一番いい方法とは?専門学校?働きながら?

介護士として仕事をする上で、是非とも取って欲しいのが国家資格である介護福祉士の資格です。

この資格取得後は、手当が支給されて収入が増えたりそれまでより上の立場の仕事に就けたりなど、大きなメリットがあるからです。

そこで介護の仕事に携わる多くの人が資格取得を目指すのですが、国家試験を受けるにはまず受験資格が必要になります。

そのためには方法がいくつかあります。
まず、一番年少で介護福祉士になる方法。それは、福祉系の高校で必要な履修科目を修め受験資格を得てから、試験を受けて介護福祉士になる方法。

高校選択時に、既に介護を将来の仕事と決めている場合には一番無駄のない方法であるといえるでしょう。

他には、高校卒業後、福祉系専門学校などの養成機関で2年以上学習して受験資格を得てから、試験を受ける方法があります。

もうひとつは、働きながら受験資格を得る方法です。介護の実務に就いて3年以上の経験があれば、受験資格が得られます。多くの人がこのルートを使い、実際に働きながら勉強し、試験を受けて介護福祉士となっています。
人それぞれに考えがあり、どの方法が一番いいとは一概に言えません。

ただ、介護の現場にいて感じたのは、介護の仕事に就くのは何歳からでも遅くないということです。

体力的な面を考えれば、あまり高齢になっては難しい所もあるとは思いますが。
仕事の相手は肉体的にも精神的にも不安を持った高齢者の方々です。

そんな利用者の思いに寄り添う介護の実践には、豊富な社会経験はとても役に立つと思のです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY