介護士の就職先の待遇と勤務形態

介護士の就職先の待遇と勤務形態

介護士とは一般的には高齢者施設などで介護職として働いている人のことを言います。

その介護職の中には無資格の人やホームヘルパーの資格を持っている人や社会福祉主事任用資格を持っている人や介護福祉士を持っている人などがいます。

そして、介護職は無資格でも介護福祉士を持っている人でも施設によっては資格の有無ではなく人柄で採用が決まる事も多いです。

このような理由から介護施設ではどこも人物重視で人手不足の現状がわかると思います。

また、介護職は離職率が高いのも確かであり1年以上勤まる人も他の業種に比べると少ないです。

ひどい時には1日で仕事を辞めてしまう人もいるくらいです。
このような理由から介護士に必要なスキルは何よりも体力とやる気だといえます。
日本は団塊の世代の高齢化を迎えるにあたってこれからも介護施設の需要が高まってくるといえます。

特に介護士の就職先としては重度の利用者様が入所している特別養護老人ホームの求人は増えてくる事だと思います。

また、特別養護老人ホームに入所できない人は有料老人ホームに入所される方も多いので有料老人ホームも今後は需要が増えるといえます。
勤務形態については入所施設は交代制勤務なので決して楽な仕事ではないといえます。

また、夜勤をすれば手当があるので給料を稼ぎたい人は夜勤回数を増やす必要があります。

このように勤務形態や賃金など厳しい現実はありますが転職に困らないのが介護業界なので実力がある人は自信を持って生きていける世界だと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY