介護士の資格と種類

介護士の資格と種類

介護士の資格といえば、まず浮かぶのがヘルパー2級。

そして、介護福祉士、ケアマネジャー。でも、実は他にもあるんですね。
ヘルパー資格も、1、2、3級まであります。

3級資格は介護の知識を持って家庭で家族を介護する場合などに利用出来る程度で、実務に就くには不十分のようです。

実際に仕事に就くには、やはり2級以上の資格が必要とされます。

その上位にあるのが1級資格です。

この資格取得者は介護の現場だけでなく、ヘルパーをまとめる管理者としての役割や、在宅介護でのサービス提供責任者の仕事も任されるようになります。

また、この1級資格と同等程度に介護職員基礎研修資格があります。

そして、この上にあるのが、国家資格の介護福祉士資格。更にケアマネジャーとなります。
ただ、平成25年度に介護資格の改正が行われ、一部変更されています。

まず、ヘルパー2級は介護職員初任者研修へと移行されました。

ヘルパー1級と介護職員基礎研修は、介護職員実務者研修へと移行されました。

これまでの複雑な資格の種類を一本化し、キャリアパスをわかりやすくするためということです。
そして、この改正に伴い平成27年度からは介護福祉士の受験の仕方も変わります。

今まで実務ルートでの受験には、3年以上の実務経験があれば受験出来ましたが、平成27年度からはそれに加え実務者研修受講が必須とされます。

現在保持している資格によって受講時間が免除されはしますが、仕事をしながら実務者研修を受講するのは大変です。更に介護福祉士の資格取得は難しくなってきているようです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY