介護はヘルパーや介護福祉士の資格が有利

介護はヘルパーや介護福祉士の資格が有利

私は介護福祉士として働いています。介護福祉士になって10年ほどが経ちますが、私は特別養護老人ホームで勤務しています。

昔から高齢者に関わる仕事をしたいなぁと思っていて、福祉の専門学校に二年間通いました。

そこの専門学校は卒業試験に合格すれば、介護福祉士の資格を取得できました。

 

介護の仕事をするには、ヘルパーや介護福祉士の資格は持っていた方がいいです。

介護福祉士よりもヘルパーの方が資格をとりやすいのでオススメです。

ヘルパーや介護福祉士の資格があれば、特別養護老人ホームや老人保健施設への就職は簡単に出来ると思います。

資格があれば、仕事もいろんな介助を任されます。

 

介護士の仕事は、大変だと言われています。力仕事も多いですが、慣れてくればやりがいを感じられる仕事だと思います。

仕事は主に、利用者さんの介助になります。

食事介助や入浴介助、排泄介助もやります。お給料はそんなに高くはないですが、人を相手とする仕事なので楽しみながらやれると思います。

 

介護福祉士として五年間実務経験を積めば、ケアマネージャーの受験資格ももらえます。

勉強しながら仕事をしている人もたくさんいて、ケアマネージャーになる人も多いです。スキルアップも出来るのはいいですよね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY