お掃除は介護士の介助の一つの仕事

お掃除は介護士の介助の一つの仕事

以前、内科の病院に病棟での介護士として働いていました。

仕事内容は、食事・入浴・排泄などの介助です。
あまり知られていないと思いますが、掃除なども介護士が行います。
病院には掃除をする年配の方が別の会社から派遣で来られていましたが、この方たちは主に床掃除やトイレ掃除、ゴミ箱のゴミ集めなどをされますので、細かいところは私たち介護士が掃除しなければ汚れていってしまいます。

特に、ベッドの下や柵、窓枠などには埃がたまりやすいです。

お見舞いの方が来られない患者さんのテーブルなどは、なにもしなければすぐに汚くなってしまいます。

患者さんは小さなことでも動作が難しいので綺麗にしたいと思っても、体が思うように動かない方がとても多いです。

ですから、私は“掃除も介助の一部”だと思っています。
当時働いていた病院では、職員間でどのお部屋が掃除が終わってるか終わってないかを声を掛け合い確認し、時間があるときにササっと掃除をするようになっていました。

患者さんも「ありがとうねぇ」「こんな良くしてくれる病院ははじめて」と言って喜んでくれていました。
現在は休職中ですが、仕事を再開するときは また介護職に就き、できるだけ患者さんの身の回りをきれいに保ちたいと思っています。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY