看護大学から老人介護施設に就職 口コミ&体験談

看護大学から老人介護施設に就職 口コミ&体験談

一年ほど前に、看護大学を卒業し、そのまま新卒で地域の老人介護施設に就職しました。

就職以前は「老人介護施設で活躍している正看護師の存在」をあまり知らなかったもので、「実際はどのように働くことになるのだろうか」と不安ばかり抱いてました。

しかし、実際老人介護施設に入ってみると、夜勤もなく、残業も少なく、実質優良企業といってもいいような職場だったのですごく助かりました。

病棟に勤務するつもりでしたが三交替や二交替の世界になじめるほど体力もありませんし、そこまで稼げなくてもいいと思っていたのです。

私は老人介護施設での仕事はとても適しており、ご老人の相手をするのも好きな私にはピッタリな職場でした。

今は、ボーナスなし、月21万程度の月収で暮らしているのですが、老人介護施設の仕事は補助的な仕事が多く、入居者さんが倒れでもしない限り忙しくならないので、正直「暇だな~」なんて思いながら過ごすことも度々あります。

とはいえ、入居者さんが倒れれば同伴しつつ病院へ行くことになるのですが、そういった時も基本的な業務だけしておけば後は病院の方で処置してくれるので、総合病院勤務で三交替で働く看護師さんたちと比べると相当ラクです。

もちろん、臨床経験が乏しくなってしまうので転職するにしても、今後は同じように老人介護施設に行くしかないのですが、私は今の職場で長く勤務したいので、何の問題もありません。

「看護師なのに体力がなくて困っている」という方には老人介護施設はかなりおすすめなので、諦めずに老人介護施設で就職活動をしてみてください。

URL :
TRACKBACK URL :