介護士として働く幸せ

介護士として働く幸せ

訪問入浴の介護士として働きはじめてから8年、介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得しました。

トータルケアサービスとして仕事をしていた会社ですので、管理職にもなり、ケアマネジャーとして働く事で更にお給料もアップしました。

今でも私は介護士の急なお休みやヘルパーさん達のシフトの穴を埋めるため、現場に出ています。
これは会社から強要されるからではなく、そうしたいという個人的な気持ちが強く許していただいています。

特に在宅や施設介護の場合、退院やお亡くなりになるということもそう多くはなく、その方とのお付き合いは数年単位になることがほとんどです。

長い時間をかけてその方を知っていくことができる、またご家族への思い、ご家族からの思いの橋渡しをお手伝いさせていただくこともあります。

介護と聞くと、身体のケアをすると思われる方が多いようですが、私たちは歳をとっても人として毎日の生活を歩んでいます。

少しお身体を悪くして手助けが必要な場合もあるでしょう、少し心に問題を抱えることもあるでしょう、また認知に大きな問題を抱えている方もいるでしょう。

でも、その方々の毎日が笑顔で一日一日を過ごせるお手伝いをさせていただくことが出来るのはとても嬉しいことです。

 

病気を持っている方は、病院のお医者さんや看護師さんの力を必要としますが、生活の上で毎日いらっしゃるわけではない医療職の方々との連携を密にして報告をする役割などもあります。

一番近くにいる人だからこそ、何でも屋さんのようにその人の思いをうまく伝えられない時のお手伝いが出来たらいいなと思っています。

介護の仕事をしているということで、周りの方から偉いわねと褒められることがあります。

偉いなんてとんでもないのです。私は日々働いていて、手助けをしている方々に元気をもらったり、笑顔をもらったり、感謝することを忘れずにいることができるようになりました。

 

介護の技術や知識、また関連職に関しての知識も必要ですが、はじめたばかりの方や資格を取られたばかりの方に、真心をこめて怖がらずに正面から仕事に向かってほしいです。

この仕事を選んで良かった!と、本当に思える日が必ずくるはずです。”

URL :
TRACKBACK URL :