介護士の資格を生かして天職を見つける

介護士の資格を生かして天職を見つける

介護の仕事は家庭の主婦に向いている仕事だと思います。

もちろん資格は必要ですが、主婦なら普段している家事、掃除、気遣い、また育児などがすべて経験として役立ちます。
老人施設などの現場はすべて介助をしているわけではありません。

育児をしているときに子供に始終手を焼いていては成長を遅らすことがあります。
老人に対してもすべて手助けすると出来ることもできなくなってしまいますし、一気に介護度があがってしまいます。

そのために温かい目での見守りが必要だと言えます。
自立を援助するのが介護員の仕事でもあります。

その中で家庭的な雰囲気で安心して利用者が暮らしていける手助けをしているのが介護員なのです。
看護師の資格取得より介護の資格は取りやすいといえます。

自分の育児が落ち着いたころに資格取得する方も多いです。

そして介護関係の資格は介護福祉士やケアマネージャー等、勤務経験に応じ資格試験を取れるタイミングがあります。
育児経験を生かして自分に自信が持てたころに資格に挑戦する方は多いです。

もちろん資格を取得してからの職探しは有利ですので、ネットでの介護関係の求人サイトも多数あり、気軽に条件検索などで理想の職場を探すことも出来るでしょう。
また、介護の資格取得後に介護の学校で職探しに関する就労相談会も実施しているところがあります。

介護の業界は人材不足をしているためサポートを行っている学校もあります。

介護の仕事は地域となじみがまだ薄く、外部者にとっては未知の世界です。しかし実習などで実際携わってみると、明るい雰囲気と利用者とスタッフの温かい笑顔等があふれています。

暗いイメージを持っていた私はかなり驚きました。

前向きな利用者からスタッフも感謝の言葉を掛けられていてうれしそうでした。感謝を言われる仕事はとても幸せでやりがいのある業界だなと思いました。

実習先で求人していたためそのまま就職しました。

もちろん求人誌などでも多数施設は応募されています。介護の資格は実生活でも役立つものです。自分にとって天職が見つかるかもしれません。

URL :
TRACKBACK URL :