介護業界は成長産業?

介護業界は成長産業?

介護は成長産業といわれるように、今後さらに進む高齢化社会に向けて高齢者向け施設が次々と新規開設されたり、既存の施設の買収なども盛んに行われているようです。

高齢者の増加に伴い、当然要介護者の増加が推測されることから、施設や介護サービス事業所がますます必要になってきます。

介護業界に企業が注目し、異業種からの参入も増えている現状です。

競争原理が働き、各施設、利用者獲得のためにより質の高いサービスを提供するのはいいことだと思います。介護サービスを提供する事業者が増えて、利用者や家族がより希望に合った事業者を自身で選択出来るようになったのですから。

ただ、介護業界が活気づく中、利益優先の運営にならなければと思います。

以前勤務していたデイサービスでは、深刻な職員不足にも関わらず、利用者の確保ばかりを優先にしていた所があります。どんなに利用者を増やしても、職員数が増えなければサービスの質は低下するばかりです。

まず受け入れ側の態勢づくりが優先されるべきではないかと、疑問に思っていました。

事業者として利益を追求するのは当然ですが、介護の事業においては、ただ単に利益を得るための産業としてではなく、より社会的な意義を考慮して運営に当たってほしいと考えます。

URL :
TRACKBACK URL :