今の時代の訪問看護のメリット・デメリット

今の時代の訪問看護のメリット・デメリット

今の時代また見直されているのが、訪問看護のお仕事です。看護師が定期的に自宅や老人ホームなどの施設を訪ねて看護する形態のことです。

高齢化が進み、なかなか病院に来るのが辛い高齢者などが主な利用者となっています。

訪問看護のお仕事の魅力は、第一に病棟勤務などのように夜勤がないこととです。
夜勤勤務で体調を崩して離職する看護師は実はとても多いんです。そのため病棟勤務からの転職や、家庭をもっている看護師などにとても人気の職です。

また患者ひとりひとりにしっかりと対応できます。

忙しい中ではなかなか個人に対応したケア、相談などを行えるのは、看護師としてやりがいがありますよね。まわりの家族やヘルパーなどとも話し合いながら、その患者にとっての最適の対応を考えることができます。

しかしその分、自分一人にかかる責任は重いものでもあるです。

高齢者がメインといっても訪問介護を希望するのは小児の患者もいますし、特定の科が決まっていないのでいろんな症例をみることになります。

今までグループ性の高い仕事をしてきていると、いきなり一人の仕事となると戸惑うことが多いというデメリットがあるかもしれません。
それでもその分、自分の最善の考えを尽くせるというメリットでもあります。

看護師はいろいろな働き方ができる中で、自分がどういった看護をしたいかという気持ちがとても重要です。

訪問看護に少し興味を持った方は、求人サイトで検索してみるときには一度選択肢にいれてみてはいかがでしょうか?

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY