介護士の仕事の特徴とメリット・デメリット

介護士の仕事の特徴とメリット・デメリット

高齢化、認知症高齢者の増加、介護のために会社を辞めなければいけない介護離職‥等、介護の問題はとても身近な問題ではないでしょうか。

このような社会では介護施設や高齢者をサポートする制度はとても重要な社会資源です。

その中で働く介護士もまた貴重な存在だと思います。

介護士の活躍の場はとても広いです。

そこに入所し介護を受けながら生活する施設、日中に通うデイサービス、自宅に訪問するホームヘルパー、病院、等様々です。

「介護士」で求人を検索すると、かなり多くの件数がヒットします。

中には未経験や資格がなくても良いという職場もあり、これから介護士として働きたい人にとっては好都合な求人もたくさんあります。

しかしそれぞれの職場の特徴によってメリットやデメリットももちろんあります。

それぞれの特徴・メリット・デメリットを簡単にまとめました。

まず施設(老人ホームなど)です。

施設は24時間そこで生活しながら必要な介護や医療などを提供します。

介護度は割と高い方が対象です。

シフト勤務なので勤務時間は不規則で、日中勤務だけでなく夜勤もあります。

夜勤は夕方に出勤し次の日の朝まで働くので、精神的にも体力的にも大変です。

しかし給料とは別に手当が支給されるため、夜勤専属で働かれる方もいらっしゃいます。

次にデイサービスです。

こちらは比較的身体が元気な方が多く利用します。

送迎、入浴、食事提供、レクレーションなど幅広い介護技術や知識が必要となります。

比較的残業が少なく生活パターンが規則的な職場と言えます。

ホームヘルパーは一人暮らしの高齢者や、家族と一緒に生活していても大人数が苦手な方や、自宅からの移動が難しい方などが利用します。

それぞれの自宅に伺って仕事を行うため、利用される方との信頼関係が求められます。

正社員やパートなど働き方にもよりますが、パート勤務だと一番時間に自由がきくのはこちらではないでしょうか。

中には一日一時間からOKという職場もあります。

介護士の待遇については以前から問題となっているようにとても良いとは言えません。

介護士の離職も大きな問題となっています。

しかし自分のライフスタイルに合わせた職場環境を選べば家庭との両立も可能な仕事です。

高齢者の笑顔や「ありがとう」の言葉はとても励みになり、大きなやりがいを感じることが出来ます。

これからも笑顔の介護士が増えることを願っています。

URL :
TRACKBACK URL :