介護職で新人として働いて

介護職で新人として働いて

私は大学で社会福祉の勉強をして、介護職になりました。
大学では介護職の技術についてはあまり習わず、福祉を取り巻く環境、介護の実態など知識を学びました。

介護職の仕事に決まった時に、専門学校でたくさんの技術などを身に付けた人も来るので、自分は大丈夫かなという不安はありました。

しかし介護の現場は未経験で他から転職してくる人もいるぐらいで、知識や技術がなくても仕事をしながら覚えていく気持ちがあればできる仕事でした。
職場によって違いますが、私が就職した職場では先輩が仕事を一から教えてくれるので、教えてもらいながら学んでいきました。

オムツの替え方、トイレ介助の仕方、入浴介助の仕方、食事介助の仕方、車椅子やベッドへの移動の仕方、認知症がある人とのコミュニケーションなど・・・

先輩と一緒に働く中で見せてもらって学んでいき、一カ月後から一人で働くようになりました。

一人と言っても、私の施設は従来型施設だったので、職員がチームになり仕事をしていて、いつでも先輩に聞ける状態でした。

初めは迷惑をかけたと思いますが、皆さんにフォローしてもらいながら働きました。

また施設では勉強会が頻繁にあり、知りたい時には勉強会に参加して学ぶこともできました。

一年ぐらいかけて一人前になれたように思いますが、一人一人の人によって考え方や価値観が違うので、それをいかに個別に捉えてケアをしていくかが大事で奥深い仕事でした。

これで満足というところはなく、どこまでも良いケアを目指していけるところ、自分が成長していけるところが介護職の良いところだと感じています。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY