介護職の求人は介護福祉士を持っていると有利

介護職の求人は介護福祉士を持っていると有利

ハローワークに行くと看護や介護の求人の多さが目につきます。このような背景は高齢社会の影響によるものだと言えます。

特に高齢者施設での介護職の需要は大きいです。

求人にはホームヘルパー2級を求めるものもありますが、ほとんどの介護職は介護福祉士が優遇されています。

介護福祉士は国家資格なので全国どこにいっても通用する資格です。

また、介護業務において指導を行う立場の資格なので介護職の人は介護福祉士を目指す人が多いです。

介護福祉士は専門学校や大学で指定科目を修めたら卒業と同時に取得できる道と介護業務を3年間行って国家試験に合格する道があります。

一般的には介護業務を3年間行って介護福祉士を受験する人が多いのが事実です。

学校に行かなくても実務経験で国家資格が取れるので介護職を目指す人にとって介護福祉士は夢のある資格ともいえます。

介護福祉士になれば施設では介護職のリーダーや介護主任になる道も開けます。

業務内容については早出や日勤や遅出や夜勤などのローテーション勤務なので身体的には大変です。

しかし、大変な中にも利用者様からは介護のたびに感謝される事も多いのでやりがいはあります。

そして、介護福祉士を持っていると介護支援専門員の試験を受ける時にも受験科目で有利になるのでスキルアップの面でも有利といえます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY