介護福祉士は価値を上げるための国家資格

介護福祉士は価値を上げるための国家資格

私は、もう10年以上、介護の仕事をしています。基本的には訪問介護の仕事ですが、他の職種の方との連携も必要になってきます。

一番、連携してるのは訪問看護師の方です。

利用者さんの体調のことなどで、変わったことがあれば会社に報告はしますが、利用者さんから言われれば、直接、訪問看護師に連絡をすることもあります。

いつ何があるかわからないので気は抜けないですね。

訪問介護をしていたら、そこのお家のことが把握できます。

ご家族との関係や経済的なことも知ってしまうことは多いですが、大半の場合は、楽しくお仕事をさせていただいています。

「ありがとう」とか「また来てね」と言われると、すごく嬉しく思います。その反面、怒りがこみ上げることもたまにあります。
お互い、人間ですので、誤解を招くことも多々ありますが、愚痴を聞きながら上手く乗り越えて行けていると思います。

私は、数年前に国家資格の介護福祉士を取得しました。

私の場合は、ただの通過点ですが、やはり介護福祉士を持っていると言うとすごいですねと言われることもあり、持ってたらそんな風に言われるのかとプレッシャーになることもあります。

介護の仕事をしていこうと思ってる人にとっては、介護福祉士の資格を持っておくことが必要ではないでしょうか。

施設などでは、介護福祉士を持っていないと雇ってもらえないこともあるそうです。

国家資格ですから邪魔にはなりませんし、持っていることで自分の価値を少しは上げてくれる資格だと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY